交流タイプと直流タイプのメリット・デメリット

電磁石について
電磁弁に使われる電磁石には直流タイプと交流タイプがあります。
主流は交流タイプ(100Vや200V)ですが、最近は半導体による制御が多くなってきたこともあり直流タイプ(12Vや24V)のタイプも増えてきました。

ではこの直流と交流タイプでどのように違うのか?

メリットとデメリット
交流タイプは、応答性が良いため移動距離も長くとることができます。
電流値が一定ではなく、しかも始動電流が吸着中の保持電流の5〜10倍もあるため
配線の太さ、そしてリレーなどの接点容量に気をつけないと、コイルが焼損することとなります。

直流タイプは交流と違い電流が一定となり過電流による焼損が発生しません。
しかし、直流タイプの電磁弁は応答速度も遅く長距離を取ることができません。


交流タイプと直流タイプ
交流タイプと直流タイプのメリット・デメリット
原理 仕組み 構造
電磁弁の作動原理・仕組みと構造
サージ電圧
サージ電圧に注意
電磁弁の種類について
電磁弁の種類

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

電磁弁wiki トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加